柏将棋センターでは毎週日曜日、午前9:00~12:00の間、子供将棋教室を開催しており、60数名の子供達が、真剣な面持ちで将棋に打ち込んでいます。

将棋は、実際に指す事で、頭脳の活性化、記憶力の向上に役立つ、日本の伝統文化です。
お子様をお持ちのご家庭におすすめいたします。

4月6日
世の移り変わりの激しさに、ただ唖然。
私共年配者は、ついていくのが精一杯です。
AIとの競争は、どの分野でも示顕されているようで、今の第四次産業革命は、将来に何をもたらすか想像がつきかねる事態となってきました 激安アウトレット店舗。
我が将棋界も、電王戦で名人がコンピュータの「ポナンザ」に敗れるという無残な結果に。プロの名人が、コンピュータに負ける時代は必ず来るとは思ってましたが、予想を越えるスピードで、AIは進化しているようです。
人間対コンピュータの争いはもう終わりです。
将棋は人間同士の戦いに終始しましょう。
日本の伝統文化「将棋」を前面に出して、将棋連盟は生き残らなくてはいけません。
頭脳の活性化に、こんないいゲームはないはずですし、一度好きになったら一生お付き合いをする魔力を将棋は持っているのです。
私自身将棋に携わってから事の本質を洞察する力があるいはついてきたかもしれません。
コンピュータ全盛の世になれば、なおさら伝統ある将棋に興味が湧いてくることでしょう。
東海道五十三次を歩いてみたくなる郷愁を過去の将棋の名人らに重ね合わせたくなるのは歴史好きの私だけでしょうか。
また、これからの棋士は将棋が強いだけでは通用しない時代に突入してくるかもしれません。
やはり、そこには時の流れに合った人間力というか社会性が必要となってくるかも。恥ずべき自身も反省しながら邁進していきたいと思います。
次は正直触れたくはないのですが、3月29日は私の誕生日。弟子諸君が古希祝いの宴を催してくれました。
年齢はあくまで数字。誕生祝いなど嬉しくないと言い張る私を、佐々木勇気君が弟子の祝いもあると、して祝賀の席につかせたのです。
仲の良い一門。師弟、家族のような雰囲気で祝ってくれました 激安アウトレット店舗。これはコンピュータでは作り出せない世界です。
獺祭という高級酒の飲み放題。久しぶりに二日酔いとなりました。
苦しきこと多き、人生行路にあって、このような一時こそ素直に喜び、陶酔すべき。
有難う。
次の写真は、、その宴の様子です。
皆楽しそうでしょう。
弟子達(若手)の成績
3/31 ●森下 卓 九段(先手)-三枚堂達也四段(後手)○ 棋王戦 予選
3/31 ●佐々木勇気五段(先手)-木村 一基八段(後手)○ 王将戦 一次予選
今年度成績
佐々木勇気五段 -
高見 泰地五段 -
門倉 啓太五段 -
渡辺 大夢五段 -
三枚堂達也四段 -
昨年度、佐々木(勇)五段は対局数、勝数で全棋士中共に2位。
今年度は始まったはかり。まだ何もありません。
一門総活躍の年度となるよう祈るや切です。
柏将棋センタートーナメント戦 優勝者(段位は当センター認定)

今週激安商品

3/30 猪瀬浩志四段
3/31 四段以上 女鹿紘喜四段 三段以下 長谷川晴一5級
4/td> 正田敦也五段
4/td> 四段以上 鳥塚力四段 三段以下 石井雄久4級
4/td> 女鹿紘喜四段
4/td> 小嶋一正五段
3月30日
棋界の世代交代が一気に進むか注目していた第42期棋王戦渡辺明棋王対千田翔太六段の5番勝負は最終局までもつれ込み、3勝2敗で渡辺棋王が防衛。
2対1と千田挑戦者がリードしたところでは、このまま奪取かと思いきや、やはり渡辺棋王の鍛え抜かれた底力は凄く、逆転でタイトルを守りました。
これで5期連続棋王位を獲得し、永世棋王となったのです。まだ32歳。
これからどれだけタイトルを獲得するか想像もできません。
しかし、この怪物にして追われる立場となってきている棋界の地殻変動は、驚くべき速さで始まろうとしています。
話題の多い将棋界。「聖の青春」「三月のライオン」と立て続けに映画化。
そして今度4月から某新聞で羽生善治さんのコラム「一歩千金」が始まるといいます。
ベテランの域に達した羽生さんの円熟のコラムは、とても楽しみです。
正直、有名人の執筆には口述筆記が多いと聞いています。多忙ゆえ文章をまとめるのはプロにまかせるのは止むを得ないことでしょう。餅屋は餅屋ですから。
しかし、このつぶやきは違います。
先々週にここで紹介した東大合格の決まった秋月嶺君のお母さんから、私のこのつぶやきを口述筆記だと思っていたと告白されたのです。
皆そう思っていますよとも付け加えられました。田口4兄弟のお母さんからも、てっきり先生は忙しいし、口述だと思っていましたと言われました。
けれど実際石田先生が原稿用紙に向かって一生懸命書いている姿を見て、感動したと仰って下さいました。
確かに皆にそう思われているようでしたらいささか残念なので、ここではっきり述べておきますが、このつぶやきは一字一句、正真正銘の自筆なのです。最近特に長文となり、結構大変ですが、自身で原稿用紙に向かうことが苦しみ半分、生き甲斐半分となっているのです。
大きな問題ではありませんが、あえて正しきことを報告いたします。
もう春です。桜の花の咲く季節です。
今年はどんな心境で桜を見られるか。
今から花見を楽しみにしています。
「さまざまのこと思い出す桜かな」芭蕉。
弟子達(若手)の成績
3/23 ●中田 宏樹八段(先手)-佐々木勇気五段(後手)○ 竜王戦4組
3/23 ○石井健太郎四段(先手)-高見 泰地五段(後手)● 新人王戦
3/27 ●高見 泰地五段(先手)-西尾 明 六段(後手)○ 棋王戦 予選
3/28 ●菅井 竜也七段(先手)-佐々木勇気五段(後手)○ 王位戦 挑決リーグ
王位リーグ白組で佐々木(勇)五段は菅井七段に勝ち2連勝となりトップ。以後次々と強豪と対戦します。
今年度成績
佐々木勇気五段 46勝17敗(勝率7割3分)
高見 泰地五段 25勝16敗(勝率6割1分)
門倉 啓太五段 20勝14敗(勝率5割9分)
渡辺 大夢五段 23勝17敗(勝率5割8分)
三枚堂達也四段 36勝14敗(勝率7割2分)
柏将棋センタートーナメント戦 優勝者(段位は当センター認定)
3/23 小嶋一正五段
3/24 四段以上 中沢義雄五段 三段以下 谷野純三二段
3/25 大宮健太郎五段
3/26 四段以上 松本博文五段 三段以下 工藤悠悟2級
3/28 日野恵太五段
3/29 小嶋一正五段
3月23日
今日は珍しく、柏市立病院の休憩室のようなところでペンを取っています。
自宅から柏駅にバスで行く途中にあるこの病院には診察がない時でも、たまに寄るのです。
血圧等を計って休憩室で休んでいると妙に気が落ち着く。目の前に飾ってある樹木が描かれた大きな壁画は心をなごませ、病院嫌いな人でも、そうも思わせないのはこの壁画のせいかもしれないのです。
つれづれ思うに、人間もこの樹木に包まれた壁画のようになりたいもの。
この人と付き合っていると、どこか思いやりがあって気が休まる !、、。。、、

、。

、。話をしていても面白いし、飽きないと。そういう人は滅多にいないし、特に勝負を生業としている我々棋士にとって、果たして優しさが良いのか悪いのか難しいところです。
つまるところ勝ってこそ価値があるし、善ともなっていく世界なのですから 今週激安商品。
その昔、木村十四世名人が名古屋に来た時、講演で言っていました。
「将棋に強くなり、また人間も高めるということは容易なことではない。しかし一芸に秀でれば万事に通ずと言う言葉もある。
若い時は将棋の棋力向上に邁進していく他はないであろう。そして、引退してからは、板谷君(私の師四郎九段)のような、良き指導者になるが道である。以前関根先生(十三世名人)が名古屋に一人良き指導者がいたらなあと仰っていた。私は関根師匠の言葉を忘れません」
木村十四世名人の講演は天下一品。べらんめえ口調で名調子ときている。
皆をうっとりさせる語り口はつとに有名でした。
そこには大名人になった自信と、それだけではない教養を身につけていたからでしょう。
また、戦時中のことだったと思います。
木村十四世名人の講演にまつわる逸話を紹介します。
ある大盤解説会で、聞き手を務めるM二段と共に、ファンを沸かせる熱弁をふるっていました。その時の言が面白過ぎる。
「将棋は技術、体力、精神力、加うるに努力 今週激安商品。しかし技量に甚だしき相違ある時は、たとえばここにおりまするMが如きはたちどころに、こっぱ微塵に」とやる訳ですから観客には大受けだったようです。しかし、目の前でコケにされたM氏は「ひどい目に会った」とぼやくことしきりで、度重なるうちに、いかに大名人とはいえ病気を理由に助手を断ったとか。
毒気があるようにも見えますが、そこは木村十四世名人独特のユーモアが感じられて微笑ましい一件ではあります。
今週はこの辺で。肝心の現棋界は、棋王戦、渡辺明棋王と千田翔太六段戦は、2勝2敗となり最終局にもつれ込みました。タイトルの行方や如何に。
弟子達(若手)の成績
3/15 ○小倉 久史七段(先手)-高見 泰地五段(後手)● 王将戦 一次予選
3/21 ●堀口一史座七段(先手)-渡辺 大夢五段(後手)○ 竜王戦4組 昇決
今期最終月となりました。ここでの失速は避けてください。来期につなげる為にも。
今年度成績
佐々木勇気五段 44勝17敗(勝率7割2分)
高見 泰地五段 22勝14敗(勝率6割1分)
門倉 啓太五段 20勝13敗(勝率6割1分)
渡辺 大夢五段 21勝16敗(勝率5割7分)
三枚堂達也四段 36勝14敗(勝率7割2分)
柏将棋センタートーナメント戦 優勝者(段位は当センター認定)
3/16 上出隆志五段
3/17 四段以上 上出隆志五段 三段以下 明石晃英二段
3/18 高鹿照祥五段
3/19 四段以上 大宮健太郎五段 三段以下 高橋輝充三段
3/20 小嶋一正五段
3/21 松長喜久郎五段
3/22 松長喜久郎五段
3月16日
私は時々唐突なことを思いつきます。
榎本健一、エノケンと呼ばれた男をご存知の方は少なくなっているでしょう。
戦前、戦後にわたって喜劇王として君臨、国民的英雄でありました。
そのお方の何気なく語った言葉を今ふっと思い出します。「人間自分を幸福だ幸福だと思っていると幸福を招きますよ。不幸だ不幸だと思っていると不幸を招きますよ」と。
一粒種の息子に先立たれ、そして離婚、、自身も右足切断という相次ぐ不幸が襲ったにもかかわらず、舞台の上で死ねたら本望と、喜劇を演じ切り、日本中を笑いの渦に巻き込んだ昭和のスターの生き様。
心には悲しみのシワが刻まれていたでしょうが、他人に見せる顔はイキのよさが、みなぎっているようでした。と伝記にあります。何たる強靭な精神力。
私自身老いの衰えなど嘆いてなどいられません。小生には後進の育成という種蒔きが残されているのです。その種の実りはいつか・・・・。
先日小学生一年の時より、柏将棋センターに通っていた秋月嶺君がお母さんと一緒に当センターにやってきました。
東大に入学が決まったと報告に来られたのです。おめでとう秋月君。
ということで居酒屋で3人ジュースと焼酎で乾杯。
私のとこへ来て咲く花は、必ずしもプロの高段者ではなく、秋月君のように将棋も東葛順位戦S級でアマ五段となり、勉強の方もできて、東大に入るというケースも現実として出たのです。よき見本第一号となればとも思います。
縁は異なもの。私と秋月君とお母さんは今から9年余前、先の柏将棋センターが火事で全焼し、途方に暮れ次の場所を探している時にちょうど3人で今の柏将棋センターを見に来たのです。
大家さんと、私達3人面談をし、借りる部屋もうってつけということで、即決の契約と相成ったのです。
懐かしいことですが、今また3人、今度は東大合格の報を受けるとは。
実にめでたい喜ばしい限りです。
さて将棋界・・・第42期棋王戦は渡辺明棋王対千田翔太六段戦は、棋王の1勝2敗で千田リード、このまま奪取か注目。第66期王将戦郷田真隆王将対久保利明九段戦は、久保3連勝の後郷田2勝と追い上げましたが、久保九段が勝利新王将となりました。どのタイトル戦も接戦です。
最後に支部名人戦、対抗戦、シニア戦東葛大会の結果報告です。
200名以上支部の為、それぞれ2枠の特典が与えられており、一枠は東葛順位戦から、もうひとつは大会の成績結果からです。(敬称略)
東葛順位戦枠
支部名人戦代表者:上出隆志
シニア名人戦代表者:美馬和夫
支部対抗戦代表者:白根弘貴、大宮健太郎、正田敦也
大会枠
支部名人戦代表者:武田俊平
シニア名人戦代表者:本間琢也
支部対抗戦代表者:村上千紘、柳澤正勝、女鹿紘喜
弟子達(若手)の成績
3/td> ○千葉 幸生六段(先手)-渡辺 大夢五段(後手)● 王将戦 一次予選
3/14 ●塚田 泰明九段(先手)-佐々木勇気五段(後手)○ 順位戦C級1組
C級1組順位戦、佐々木(勇)五段は最終局に勝ち6勝4敗。昇級を期待していただけに残念。来期こそは。
今年度成績
佐々木勇気五段 44勝16敗(勝率7割3分)
高見 泰地五段 22勝13敗(勝率6割3分)
門倉 啓太五段 20勝13敗(勝率6割1分)
渡辺 大夢五段 20勝16敗(勝率5割6分)
三枚堂達也四段 35勝14敗(勝率7割1分)
柏将棋センタートーナメント戦 優勝者(段位は当センター認定)
3/td> 上出隆志五段
3/10 四段以上 上出隆志五段 三段以下 谷野純三二段
3/11 上出隆志五段
3/12 四段以上 川合仁五段 三段以下 大野楽朗三段
3/14 上出隆志五段
3/15 上出隆志五段

詳細はこちら

2011年3月
東葛支部の代表戦、東葛支部シニア戦
(いずれも勝者は全国大会の出場権が得られます。)
2011年4月
第29期東葛名人戦
2011年5月
第30期東葛順位戦開催(~2011年8月31日まで 支部会員でない方は参加不可)
2011年6月
棋聖戦第一局、羽生棋聖対挑戦者、

、、、、、、。!、、、!、

、、、!、、。、、、、、
、旧吉田家住宅書院の間

ページの先頭に戻る

今週の詰将棋
問題
先週の解答
リンク集
日本将棋連盟
千葉の将棋情報
柏市文化連盟
石田税務会計事務所
栄光キッズカレッジ
過去のつぶやき集
石田先生の思い出話(再録)
最後の対局

Copyright © All Rights Reserved. 柏将棋センター All Rights Reserved.

{yahoojp} {kashiwa-shogi.com} myp07-gui-643