2017-09-21

バボール HSR リフティングエクストラ ファーミングクリーム 50ml 翌日発送 ロイヤルアストレヤ化粧品 (ビバニーズ) 海洋深層水×12本セット+スイスパーフェクション 純正品/送料無料 スクリット全身シャンプー 18L送料無料時間が限られている

Nikkei Weekly  Start 18,988  High 19,068.62  Low 18,517.43  End 18,664.63  (CME:18,785)
DJIA Weekly  Start 20,665.17  High 20,887.50  Low 20,517.82  End 20,656.10
USD/YEN Weekly  Start 111.38 High 111.44  Low 110.11  End 111.08
 
地政学やら雇用統計やら、何でも使って円買いドル売りを仕掛けた短期筋、売りの強さが支配した一週間であったが、終わってみれば印象に残るのは110円近辺でのドル買い意欲の強さではなかったのか。株にしても、日経平均は下値をトライしたが、そうそう一気に落ち切る相場ではなかった。
 
元より本稿は、年初来の相場は、一気に上値を貫くよりも寧ろ下値固めの相場となりやすく、110円トライもありうるとしつこく説いてきた。そして、下値が切り下がる中で、大幅円高予想や大幅株安予想、アベノミクスの失敗やトランプ政策の困難などが喧伝され始めたらそろりと買いましょう、と説いてきたつもりだ。現実の市場は、少しずつその方向に沿ってきた。而して今週も見方は変わらず、年央前からの本格的相場上昇に備えて待ちましょう、余裕があるなら押し目買いを、ということにつきる。
 
さて、上段にも記したが、敢えて言えば110円近辺のドル円買いの強さ、この背景には注目だ。一説には、国内機関投資家が従来から買い続けてきた米国債などの対外資産にかけてきたドル売り円買いのヘッジを外さんとしており、そのレベルとして110円が意識されているという。この動きはかなり本格的な感じもあり、であれば中長期的な円売りが始動しはじめたといえるのだ。こうした買いが110円以下にごまんと蠢き始めているのではないか... これは、本稿でしばしば指摘してきた2011年に75円から始まった40年円安、それがいよいよ第二弾に入る確かな手ごたえの一つとなりうる。今後とも期待してみていきたいところだ。

| トラックバック (0)

2017/4/2(日) ゆっくり行こう...

Nikkei Weekly  Start 19,079.19  High 19,218.08  Low 18,909.26  End 18,909.26  (CME:18;,960)
DJIA Weekly  Start 20,488.35  High 20,753.78  Low 20,412.80  End 20,663.22
USD/YEN Weekly  Start 111.22 High 112.19  Low 110.09  End 111.38
 
想定通り「冴えない相場」が続いている... 配当落ちを考えれば日経平均先物の週末終値も前週末とさして変わらない。為替も110円トライはしたものの実需の買いにぶち当たって取りあえずあえなく退散となった。要は相場は止まっているのだ。専門家は仕事なのでこの停滞を色々理由を並べて説明するしかないわけだが、詰まるところ今は理由で動いている市場ではない。理屈と膏薬はどこにでもつつくわけで、トランプへの不信だの日本の政局だの、そういうセンチメンタルな理由で世界が規定される本気で思っている人はどうぞ勝手にそう思って納得すればいい。
 
言うまでもなく相場には常に力学が働いており、現下その力学上まだ力を溜め込む時期であることが大きな要因なのだ。言い換えればテクニカルな力を重視すべき局面が続いているとも言える。その点、エリオットウェーブやコンドラチェフの波といった長期テクニカル分析を用いると、2011年にドル円は40年にわたる長期円高トレンドに終止符が打たれ、現下40年規模の長期円安の端緒にあるという見方がでてくる。こうした超長期円安トレンドからみると、その第一波がアベノミクス黒田革命によって70円台から120円台までの4年に及ぶ円安、そして一昨年の秋から昨年の年央にかけての1年に及ぶ調整が続き、昨年末トランプ選出で調整が一挙に収束したと読めてくる。いよいよここから本格的な円安が再開することが予想されるわけで、現状はこうした安定的な円安トレンドへの移行の準備期間と捉えられるのではないか。
 
本稿でも年初来、このまま一気に120円超えの相場がぐんぐん進むより、一度は110円割れトライがあって、言ってみれば一度しゃがんでからジャンプを始めても全然おかしくないと何度も言ってきた。実際そうなってきたわけだ。そして、恐らくはそうした目先の円高が進むと、もう安倍は終わりだだのなんだのだと騒ぐ連中が出てきて、やっぱり円高トレンドに戻るんだ、等々、銀行アナリストなどが嬉々として大騒ぎを始める筈、そうしたらそこら辺がドル円の買い場となるだろう、と予言してきた。今の処まだまだ円高大好きアナリストの声はさほど大きいとも言えない?であれば、もう少し調整が続くということか...
 
とにかく、本稿の見方は変わらない。焦らず、じっくり配当をエンジョイしながら、押し目を拾う、そして来るべき年央前からの本格的な円安・株高トレンドに乗っていく... そう、ゆっくり行けばいいのだ。

| トラックバック (0)

2017/3/26(日) 「予定通り」調整深化中...

 
Nikkei Weekly  Start 19,416.55 High 19,485.14  Low 19,026.53  End 19,262.53  (CME:19,095)
DJIA Weekly  Start 20,916.27  High 20,970.04  Low 20,529.67  End 20,596.72
USD/YEN Weekly  Start 112.69  High 112.89  Low 110.60  End 111.33
 
嬉しくもないが、予定通り上値が落ちてきた。ドル円110円トライも現実味を帯びている。今のコースではあと1か月有余更に調整が続き、そして年央前から本来の円安株高方向に動き出す。だから配当エンジョイしながら待っていればいい(余力があれば下値を拾う)、見方に変化なしだ。
 
面白いのは、例えば先週末と先々週末のNYと大証先物(あるいはシカゴ)の終値を比較してみると、日経の下落率の方がドル円のそれよりも比較的小さいこと、また直近つまり昨年末の111円絡みの頃の日経は18000レベル、つまり1000円も下だったことなどを思うと、どうやら円高の進行に際して株の下落は小さい範囲に留まっている。もちろん、期末要因やら日銀のETF買い、等々、色々あろうが、概して株は強調を保っているのではないか。
 
言い方を変えれば、ドル円は昨年末以来、118円台まで上昇し110円台まで戻ってきたわけだが、その間、株は19000円後半に少し顔を出しただけ高値でもみ合いを続けてきた。無理な沸騰をしなかった分だけ落ちも小さいわけだ。これからこれが効いてくる。
 
短期的に米国株の更なる調整はありうるし、それに従ってリスクオフだの欧州だの政局だのと理由をつけては為替の円高ももう少し進むかもしれない。しかし、日本株が一緒になって元気良く下落していくことになるか。先週の様に、落ちる日は一方的に4-500円落ちることもあろうが、気がついてみればじりじりと戻す日もある。それを繰り返しながら下値抵抗を次第に感じていく。そんな相場がしばらく続き、年央前からいよいよ今度は日本株主導の上昇が始まるのだ。次の本格上昇では2万円どころか2万3000-4000円がターゲットに入るだろう。それを抜けると28000円、その先はチャートの節目は39000円のバブル史上最高値しかない。これから振り落としが高じ目先疲れる新年度入りとなるかもしれないが、斯くしてそんな調整の深化の局面は、長い目でみれば本邦個人長期投資家にとって素晴らしい機会となるのではないか。

| トラックバック (0)

2017/3/19(日) 将来の飛躍に向けた我慢の時期が続いている..

Nikkei Weekly  Start 19,545.74 High 19,656.48  Low 19,454.17  End 19,521.59  (CME:19,295)
DJIA Weekly  Start 20,899.28  High 21,000.11  Low 20,786.31  End 20,914.62
USD/YEN Weekly  Start 114.80  High 115.19  Low 112.53  End 112.70
 
毎週記しているが、この局面は時間をかける局面、一気に上にもっていってもその後がない、つまりは将来の飛躍のために必要な我慢の時期なのだ。実際、市場は今かなりテクニカルな状況にあり、色々ニュースも出てくるが、結局はそれらは全てテクニカルの手のひらの上で都合よく使われるだけだ。良いニュースが出ればそれなりに買われるが上抜けず、落としたいときには些細な材料でも探してきては売ってくる。そういう煮え切らない局面なのだ。
 
ときどき紹介してきたが、日興の吉野さんなどの当たり屋のテクニカルアナリストは、昨年来、今春の相場上昇は一度は調整を見る、つまるところ為替で110円方向のトライもありうる、そしてそれこそが年後半の本格的上昇の序曲となる、と言い続けている。参考までに、これら一部のテクニカルアナリストは、昨年の年央時点でドル円や日経平均が大底を打ったことを堂々と主張、昨年秋にトランプ選出でドルも株も暴落だと大騒ぎしたポジショントークの銀行アナリストなどを横目に、何があろうが基本的に既にドルや株は既に底を打っているとし、結果、昨年末の「トランプラリー」を言い当てたのだ。一度当たったから今回も当たる、というのではないが、相場には波がある、それを見る人の意見を聞くべきだろう。その意味では今は我慢なのだ。
 
しかしこの我慢は前向きな我慢、実際、相場は上がらないがさして下がりもしない。つまり正しく安定してるのであって、この事実こそが、実際、ファンダメンタルズや企業業績に大きく寄与してくるのだ。こうして力を蓄えつつある経済ファンダメンタルズをうけて、相場は、恐らくは一時的下落による俄かロングの更なる振り落としを経て、年央前から本格的上昇に入っていく。本邦個人長期投資家は、その波に乗ればいいのだ。言い変えれば、停滞相場の今は配当を美味しく頂いてじっと待っていればいいのだ。テクイカル以外の専門家でも、相場の大きな流れが見えているアナリストの一人である内藤証券の二本柳氏などは、結果的に同様なコメントをしている。ご参考まで:http://koyo-sec.co.jp/market/video/2017/2017317.php.php

| トラックバック (0)

2017/3/12(日) 日本企業に順風が吹いている...

Nikkei Weekly  Start 19,409.18 High 19,623.72  Low 19,326.40  End 19,604.61  (CME:19,445)
DJIA Weekly  Start 20,955.71  High 20,986.43  Low 20,777.16  End 20,902.98
USD/YEN Weekly  Start 114.00  High 115.50  Low 113.53  End 114.75
 
一言でいうと、年初来マーケットは米国株の一人勝ち、日本がらみでは為替相場も株式相場も小浮動に終始している。しかし、ファンダメンタルズにおいては、そろり重要な動きが出てきた。米経済を筆頭に、押しなべてその他世界経済が好調なのだ。米利上げ継続への確信が日増しに強まるのみならず、日本経済においても2%インフレとまではいかなくても「デフレでない」状況が定着しつつある。而して、実質金利で見ても日米金利差が広がる方向性がしっかりしてきた。ドル円を売る人々は日々ディスカウントコストに苛まれるのだ。ユーロ円でも似たような状況、ユーロ金利の先高観がジワリと目立ち始めている。
 
日米そして日欧の金利動向を背景に 、長期的円安傾向が次第に顕著となりつつある。米トランプ政権の口先介入、欧州政治動向、中国・コリアその他アジアの地政学的状況、等々、諸々のリスクが相変わらず表面を流れていくが、常に長期トレンドは、様々な短期的事象を乗り越えて、底流において着実に形成され、やがて相場を現出していく、この事実を意識すべきではないか。当面、春先の短期的相場波乱の恐れを払しょくすることは出来ないが、それがあろうがなかろうが、遅くとも、米新政権が初動を終え、欧州の選挙の多くが山を越す年央以降、本邦マーケットは本格的上昇を開始する可能性が強いのではないか。
 
実際、現状の安定した為替相場は実業の発展にとって望ましいもの、緩慢で着実な円安傾向は日本経済にとってまたとない順境だ。足元、

[NAKASONE]ナカソネ キューティクルニッパー,[NAKASONE]ナカソネ キューティクルニッパー,【送料無料】 ビューティーワールド ジェルネイル用 万能UV・LEDライト MIX LIGHT DELUXE ミックスライトデラックス  ホワイトLED22001,【送料無料】 ビューティーワールド ジェルネイル用 万能UV・LEDライト MIX LIGHT DELUXE ミックスライトデラックス  ホワイトLED22001,ビューティーネイラー コンパクト9ワットUVライト・パールホワイト BBB ( 1コ入 )/ ビューティーネイラー ( ネイル ),ビューティーネイラー コンパクト9ワットUVライト・パールホワイト BBB ( 1コ入 )/ ビューティーネイラー ( ネイル ),(代引き不可) ビューティーワールド ジェルネイル用 ハイブリッド UV・LEDライト  ドームホワイト ALT10001,(代引き不可) ビューティーワールド ジェルネイル用 ハイブリッド UV・LEDライト  ドームホワイト ALT10001,送料無料 ビューティーワールド ジェルネイル用 ハイブリッド UV・LEDライト  ドームホワイト ALT10001 メーカー直送,送料無料 ビューティーワールド ジェルネイル用 ハイブリッド UV・LEDライト  ドームホワイト ALT10001 メーカー直送,★純正品/送料無料★お楽しみコフレ+スイスパーフェクション セルラースキンソフトスクラブ(200ml ),★純正品/送料無料★お楽しみコフレ+スイスパーフェクション セルラースキンソフトスクラブ(200ml ),フィトオセアン オセアベーシックマイルドリファイン 150ml,フィトオセアン オセアベーシックマイルドリファイン 150ml,エステダム オスモデルリゼ 260g【業務用】,エステダム オスモデルリゼ 260g【業務用】,(お徳用サイズ)アッシュエル DT-1 100mL,(お徳用サイズ)アッシュエル DT-1 100mL,家庭用水素水風呂グリーニングスパ HDW0004 ホワイト シナジートレーディング,家庭用水素水風呂グリーニングスパ HDW0004 ホワイト シナジートレーディング,ドリームチャームアジャスト YMO-61,ドリームチャームアジャスト YMO-61,パナソニック 目もとエステ リフレタイプ ブラウン EH-SW31-T,パナソニック 目もとエステ リフレタイプ ブラウン EH-SW31-T,ツインバード マイプリンセス ホワイト(tat86071),ツインバード マイプリンセス ホワイト(tat86071),アルインコ(ALINCO) フットリラ モカ MCR7914 フットバス マッサージ リラクゼーション 足湯 景品,アルインコ(ALINCO) フットリラ モカ MCR7914 フットバス マッサージ リラクゼーション 足湯 景品,(国内正規品)グランズレメディ 無香料 50gx2個(4520988000015),(国内正規品)グランズレメディ 無香料 50gx2個(4520988000015),【送料無料・沖縄北海道離島は、除く】靴ずれ防止テープ 足の指用 18枚入 20個セット,【送料無料・沖縄北海道離島は、除く】靴ずれ防止テープ 足の指用 18枚入 20個セット,化粧品職人が作る 鑛納さんのまかないクリーム2個組.

バボール HSR リフティングエクストラ ファーミングクリーム 50ml 翌日発送

バボール HSR リフティングエクストラ ファーミングクリーム 50ml                                                                    翌日発送

バボール HSR リフティングエクストラ ファーミングクリーム 50ml 翌日発送

13,410円  10,058円
割引: 25%OFF


  • モデル: 27771
  • 35 在庫量


カートに入れる:


リフティング&アンチリンクルクリーム。シアバターをブレド。ヒアルロン酸が潤いを閉じ込めます。気になるシワを減少させます。なめらかで若々しいお肌へと導きます。

在庫地:シンガポール
配送方法:国際書留郵便(追跡可能)

化粧品職人が作る 鑛納さんのまかないクリーム2個組,ドクターK2,ドクターK2,アロマセラピー アソシエイツ ボディクリーム N,アロマセラピー アソシエイツ ボディクリーム N,【マンダム】マンダム オイルインボディミルク ホワイトジャスミンの香り【240ML】(4902806406177)【×10点セット】,【マンダム】マンダム オイルインボディミルク ホワイトジャスミンの香り【240ML】(4902806406177)【×10点セット】,デクレオール グローバルエンベロップメント - インテンスファーミング ( サロンサイズ ) 500ml 翌日発送,デクレオール グローバルエンベロップメント - インテンスファーミング ( サロンサイズ ) 500ml 翌日発送,資生堂 アドバンス ボディ クリエーター スーパー スリミング リデューサ? 翌日発送,資生堂 アドバンス ボディ クリエーター スーパー スリミング リデューサ? 翌日発送,ラプレリー セルラー ハンドクリーム 100ml 翌日発送,ラプレリー セルラー ハンドクリーム 100ml 翌日発送,アルタナ 10 ザ サイエンス オブ テン パーフェクトブレンド コンディショナー 250ml 翌日発送,アルタナ 10 ザ サイエンス オブ テン パーフェクトブレンド コンディショナー 250ml 翌日発送,摩訶ゴールドクリーム 100g,摩訶ゴールドクリーム 100g,CLINIQUE クリニーク ドラマティカリー ディファレント モイスチャライジング ジェル200ml(DDMG),CLINIQUE クリニーク ドラマティカリー ディファレント モイスチャライジング ジェル200ml(DDMG),資生堂 フィト アンド ローズ エマルジョン[乳液] 900ml×6本 [詰替容器6本付き] 【送料無料】,資生堂 フィト アンド ローズ エマルジョン[乳液] 900ml×6本 [詰替容器6本付き] 【送料無料】,【納期目安:2週間】TIDI E002532H フォンス フェイシャルデトクサー100 100g,【納期目安:2週間】TIDI E002532H フォンス フェイシャルデトクサー100 100g,クラランス スープラ ティンテッド クリーム SPF20 - # 04 Honey 40ml 翌日発送,クラランス スープラ ティンテッド クリーム SPF20 - # 04 Honey 40ml 翌日発送,SK-II SK II ミルク セルミネーション デイ サージ UV 50g/1.7oz,SK-II SK II ミルク セルミネーション デイ サージ UV 50g/1.7oz,エステダム ピュア システム ポア リファイナー コンセントレイト 50ml,エステダム ピュア システム ポア リファイナー コンセントレイト 50ml,エリザベスアーデン セラミド リフト アンド ファーム デイ ローション サンスクリーン SPF 30 50ml 翌日発送,エリザベスアーデン セラミド リフト アンド ファーム デイ ローション サンスクリーン SPF 30 50ml 翌日発送,ツムラ薬用入浴剤 業務用バスクリン 森の香り 10kg缶入 ウッディグリーン 医薬部外品,ツムラ薬用入浴剤 業務用バスクリン 森の香り 10kg缶入 ウッディグリーン 医薬部外品,桧水 500cc 6本セット,桧水 500cc 6本セット.

、俄かに進む人手不足は短期的に問題だが、一方において賃金上昇・消費拡大を促し、他方においてAI産業の急激な発展を齎し、世界をリードする日本経済の新しい方向を示す。こうして日本企業は現下成長を続け、日経平均は、折にふれ訪れる短期的変動をこなしながら、長期的にしっかりと押し上げられていく過程にあるのだ。本邦個人長期投資家は、引き続きしっかりとリスク・ポジションをキープ、配当・分配金を享受しながら長期的な資産保全・成長を実現し続けていく...

| トラックバック (0)

2017/3/5(日) 順境にあって思うこと...

Nikkei Weekly  Start 19,130.51 High 19,668.01  Low 18,995.55  End 19,469.17  (CME:19,460)
DJIA Weekly  Start 20,808.71  High 21,169.11  Low 20,774.76  End 21,005.71
USD/YEN We ekly  Start 112.07  High 114.74  Low 111.67  End 114.00
本稿の「希望的観測」は全く当たらず... トランプ演説で一区切りどころか米株は更に高進、FRBも3月利上げをぶつけてきた。ドル円も釣られてそれなりに上がったが当面のレンジを超えることもなく、そうした状況は日本株も似たり寄ったりだ。つまり、本稿希望の調整深化はなく、中途半端な上昇の中で、結局は米株の崩れを待ちを続けている(この意味では不本意ながら本稿は正しかった...)。
 
確かに、米国株の上昇は実はファンダメンタルズにも支えられていることが最近の数字で増々わかってきたわけで、そこへもってきてトランプ政権の目指す処は今までのオバマ・デフレ政権とは次元の異なる世界、こうなるともはや今までの延長線上で物事を考えていていいのか、というお話になってくる。正に武者さんがズーッと主張してきたような「壮大な上昇相場の始まり」http://www.musha.co.jp/long_report/detail/301 が現出されていることをしっかりと認識する必要があるかもしれない。
 
短期テクニカル的に言えば、相場は人々の嫌がる方に行く... そういう意味では、米株はもっとどんどん上がってほしい人よりも、乗り切れず(あるいはまさかショートを抱えて)ちょっと止まってほしい、という連中の方が多いのかもしれない。つまり、行き過ぎのはずの相場はもっと行く。踏み上げに次ぐ踏み上げの後、俄かブルが溜まりに溜まるまで相場は止まらない?そしてその後はそれ相当の調整が結局は一時的にせよやってくる。(日本株やドル円はその逆。懐疑派が多すぎてにっちもさっちもいかないみたいだが、そうなればなるほど将来への正のエネルギーは溜まっていくのだが...)
 
もはやジタバタしない。本邦個人長期投資家は、ここはゆったりと構え、高配当株と成長期待の小型株、そして為替ノンヘッジでのグローバル投資の三本立を継続する。敢えて言えば、グローバル投資の部分は薄く薄く利食ってもいいかな?但しその場合は後で必ず買戻さなくてはならない。 要は、長期強気は変わらないのだ!
 
それにしても、ある意味、逆境にあって如何に耐え立ち向かうかを考えるのはシンプルであるが、順境にあって如何に振舞うかを考えることは、実際より多くの努力を要するものであることを感じる昨今である。

| トラックバック (0)

2017/2/26(日) 早めの調整深化は次なる相場を引き寄せる...

Nikkei Weekly? Start 19,161.33? High 19,419.22? Low 19,115.11  End 19,283.54 (CME:19160)
DJIA Weekly? Start 20,663.43? High 20.840.70? Low 20,663.37? End 20,821.76
USD/YEN Weekly? Start 112.83? High 113.77? Low 111.91? End 112.10 
 
調整続く、どちらかといえば値幅調整というより時間調整、想定通りの相場が続いているがさして嬉しくもない。(但しその間配当はしっかり戴いている。)昨年もそうであったが、あれほどトランプになったらこの世の終わり・リスクオフの大円高だ、と大騒ぎしても、ポジションがそれに偏ったときはトランプ当選が逆に円安のエンジンになったわけだ。つまり、ファンダメンタルズの変化やそれに影響を与える具体的な政策が出て来ない限り、市場で注目される材料も全てテクニカルの手のひらの上、ポジションの状況に応じてどちらにでも作用する。もちろん、日米経済が成長加速し、そこにトランプ政策が実際に始まり、またリフレ気味の状況が続いてFRBが利上げを継続し、更にアベノミクスが財政点火して高進する、そうなれば(本稿はそうなると考えているが)相場は一気に動き出す。今の処は話だけなので調整継続なわけだ。
 
而してテクニカル的に言うと、昨年来のドル円俄かロングがまだ残っている状況、だから111円前半の今年最安値を切るとそれらの整理が一気に出て、逆に調整終了が早まる... 中途半端に112円辺りを底にやっているとまだまだ調整が続くという話らしい(日興証券吉野氏)。きっかけは、来週のトランプ演説?この人が何を話そうが材料出尽くしでNY株が一旦お終いとなる... 或は、欧州のごたごたでクロス円売り?(ただ、欧州要因の円高については、ここ数年いつも短期の行ってこいであったことをお忘れなく。)
 
いずれにせよ、現下過熱感のない日本株は下落局面では逆に強い... その辺をバネにしながら調整の深化を乗り切っていこう!110円内外となれば、どうせまた円高大好き銀行アナリスト共が、トランプ相場は終わった、アベノミクスは終わった、100円割れだ、等々、騒ぎだすに決まってる。連中が騒ぎだしたら買い準備。本稿としては、このまま111円割れ・19000円割れで調整が一気に深化、そして春先には、今度は日本株が世界をリードする形での、調整終了から上昇相場のスタートを見たいところだ。

| トラックバック (0)

2017/1/1(日) 辛抱の季節...

Nikkei Weekly  Start 19,513.78  High 19,519.44  Low 19,173.53  End 19,234.62
DJIA Weekly  Start 20,338.54  High 20.639.87  Low 20,322.95  End 20,532.61
USD/YEN Weekly  Start 113.31  High 114.95  Low 112.58  End 112.85 

トランプ政権の基盤が固まりだす中、NY株は高進、日本株も離陸待ちの様相だがなかなか踏ん切りがつかない。結局のところ、本稿でもしばしば指摘してきたが、テクニカル面での機が熟さないのだ。それ程に昨年11月からの上げは急進であり、市場は今しばらく時間と値幅の調整を必要としている。この状況下では諸々のヘッドライン・ニュースも決定打とはならず、結果的に頭の重いレンジ相場が形成されていく。而して、こういうときはジタバタしない。本邦個人長期投資家は、じっくりと構えてしっかりと配当益を享受するのみだ。いずれにせよ、春先そして年央にかけて相場は下値を固め、、その後ファンダメンタルズの動意を受け本来の長期トレンド即ち息の長い円安株高方向に次第に押し出されていくこととなろう。それまでは今しばらく辛抱の時期が続く.. (都合により本日も短縮版で)

| トラックバック (0)

 
{yahoojp} {horieassociates.cocolog-nifty.com} myp07-gui-2013