日本最初の直営店

2016人気特価

未来を変えられる答えは経営者自身が持っている
未来は、現在行っていることの結果です。厳しい言い方かもしれませんが、、現在行っていることをこのまま続けていても、明るい未来がひらけないとしたら……、それをそのまま続ける経営者は、経営者として失格なのです。
私が、このような厳しいことを言うのは、もう苦しむ経営者を黙って見ているのは嫌だからです。 過去は、変えることはできません。しかし、未来は変えることができるのです。
つまり、去年の売り上げや先月の売り上げは変えることはできませんが、未来の売り上げは、経営のやり方によってよくも悪くもなります。
それは、起業の経営状況を分解することで、企業の強みや弱みが見えてくるのです。私共、鳥飼税理士事務所では、経営者に企業のデータを分解し提供することで

,2016人気特価
,2016人気特価
,2016人気特価
,,,,

、経営者自身の気づきを促がし、問題点を整理し、改善策を考えるきっかけづくりをすることが役割であると考えています。
その改善策とは、実は経営者自身のなかに眠っている場合が多いのです。
経営者は孤独です。しかし、当事務所では経営者自身のなかに眠るその答えを、導き出すためのサポートを行います。
資金繰り改革なくして経営の継続なし
資金繰り改善のポイントは一に儲け、二に儲け、三に債権・債務、四に設備、五に在庫です。
当然のことですが、儲けの原資は売り上げです。売り上げは、人間にとってみれば、食事と同じです。ただ、食事にはカロリーの高いものと、低いものがあります。
また、消化のよいものや悪いもの、コレステロール値の高いものや低いものがあります。
人間は、カロリーの取りすぎは健康によくありませんが、企業はカロリーの低い食事では生き残ることができません。しかし、カロリーが高くても、消化のことを考えないと、病気になってしまいます。
このことを、売り上げに置き換えると、カロリーとは利益率に置き換えることができるでしょう。 消化(売り上げ分解分析)は、吸収(回収・入金)の期間、コレステロール値は、在庫や仕入れと売り上げのタイミングのずれ、つまり、回転期間分析にあたります。
また、食事はどこで取るべきか。これを売り上げに置き換えると、売上先(得意先分析)になります。
このような観点から、売り上げを分析することは非常に重要です。そのサポートを鳥飼税理士事務所では行っております。人間は、調子が悪ければ、体調不良を訴えてくれますが、会社は、自らが体調不良を訴えることはありません。
あなたの会社の体調は大丈夫ですか?
鳥飼税理士事務所では、借りるための経営計画でなく、返すことができる経営計画を立てることが重要であるという観点から、経営者は金融機関としっかりと向き合い、自ら資金繰り改革計画を立て、場合によっては、リスケジュールの要請を勇気を持って行うことも必要である、

,,,,,,,,,,,,,,,,,

、と考え業務に取り組んでおります。
2015 鳥飼税理士事務所. All Rights Reserved.
{yahoojp} {torikai-keiei.jp} myp07-gui-3981